がんになったことがあっても入れるがん保険⇒アメリカンホームがん保険「みんなのほすピタる」

がん保険の見直しチェックポイント

がんと診断されるだけでもらえる「がん診断給付金」がついているか

がん保険のチェックポイントとしては最重要です。

治療・入院・手術なしで、診断されただけで100万円単位のお金がもらえるので、入院準備、手術代の一部、収入減の埋め合わせに使え、重宝します。

  • 「がん診断給付金」がついているか
  • 上皮内新生物(上皮の内側にできているごく初期状態のがん)でも対象となるか
  • 再発しても再度受け取れるか
もあわせてチェックしましょう。

「通院給付金」は入院が条件!?

がん保険の通院給付金には、
入院して退院後の通院だけが対象となるタイプと、
入院しなくても、所定の治療(抗がん剤、放射線、手術等)を受ける通院であれば対象となるタイプ
があります。

最近のがん治療では、日帰りOKな手術や、入院しなくても行える治療法が増えており、がん患者数も、通院の患者数が入院患者数を上回っているほどですから、入院が条件ではない通院給付金が理想的です。

特定医療給付金・先進医療給付金がついているか

特定医療とは、抗がん剤治療・ホルモン剤治療・放射線治療、先進医療とは、重粒子線治療や粒子線治療等、厚労大臣が指定したものです。

健康保険の対象外のため、費用負担がかなり高額になります。

これに関わる保険料は大変安いですし、お金が原因で受けたい治療を断念しなくてもすむように、できればつけておいた方がよいでしょう。

がん保険の見直しには「終身ガン治療保険プレミアム」が最適

がん保険を見直そうと思ったら、昔入ったがん保険を解約して、新しく入り直すものだと思っている人も少なくないようですが、そうすると損するケースも多々あります。

その理由は、昔入ったがん保険は、契約年齢が今より若かったことにより安い保険料が適用されているのに対し、入りなおした場合は、今の年齢、すなわち以前よりも割高な契約年齢で保険料が計算されるからです。

そこで「安く加入したものはそのままにして、その保険に付いていなかった保障を追加しましょう」というコンセプトで生まれたのが、チューリッヒ「終身ガン治療保険プレミアム」です。

今入っているがん保険が、前述しのように、がん診断給付金や特定医療給付金・先進医療給付金がついていなかったり、通院保障が入院することが条件のため、通院での放射線治療・抗がん剤治療が保障されなかったり、という場合、チューリッヒ「終身ガン治療保険で不足分を安い保険料で追加するだけで、がんの保障を安く簡単にバージョンアップすることができます。

月額10万円の放射線治療給付金・抗がん剤・ホルモン剤治療給付金が出るタイプで、月々の保険料が30歳女性で630円と安いことも、人気の理由です。

詳細はこちらからどうぞ⇒チューリッヒ「終身ガン治療保険

たかががん保険でも専門家に相談しよう

上に上げたすべての保障を手に入れようと思えば、保険料もそれなりに高額になります。
限られた予算の中で、納得できる最高の保障を得るためには、専門家に相談するのが一番です。
たかががん保険だからといって面倒くさがらずに、ファイナンシャルプランナーに相談しましょう。

何十社のがん保険の資料を集め、保障内容や保険料を比較するといった莫大な労力を考えれば、 ファイナンシャルプランナーに相談したほうが、はるかに少ない労力で、もっとも良いものを選べます。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談には別の大きなメリットもあります。

それは、がん保険だけではなく、今加入しているすべての保険について、 必要な保障が確保されているか、保障のダブりはないか、 保険料の無駄はないかなどを、無料でチェックしてくれるというものです。

人によっては、トータル100万円単位の節約になる人も少なくありません。

保険は、こういった機会でもない限り、なかなか見直したりしないものです。
絶好の機会として、ぜひ、加入保険の健康診断をしてもらいましょう。

ファイナンシャルプランナーについては、こちらのページで、わかりやすくご紹介しています。

このページの先頭へ