なぜその保障の金額なのか

保険に加入してる人は多いと思います。

しかし、どうしてあなたはその保障額にしたのでしょうか?

「一般的には」とかよく営業から聞く言葉かと思いますが、人が必要な保障は、人それぞれに、ライフスタイルなどで変わってくるものです。

例えば、同じ年齢35歳の男性でも、

  • 既婚か未婚か、
  • 子供は1人なのか3人なのか、
  • または自営業なのかサラリーマンなのか
…等さまざまな要因でその必要な保障は変わって来ます。

保障額にはしっかりと理由があってその金額なのです。

人生の計画や、その人のライフスタイル抜きにして必要保障額ははじきだすことができないというのが本当の姿なのです。

その保障は何のための保障なのか

前述のとおり、保険には加入する目的があります。

ライフスタイルや、それぞれの目的を考慮した上で必要な保障額を決めて行くのが保険の上手な加入法です。

この保険は、

  • 死亡の保障のためなのか、
  • 学資目的なのか、
  • はたまた老後や貯蓄のためなのか、
もちろん必要な金額も変わってくるでしょう。

そして、あなたが本当に必要なその金額は一体いくら必要なのか。 その目的によって保険の種類や形、期間も変わって来ます。

「必要なものを必要なだけ」準備していくのが保険の賢い入り方なのです。

期間は適正か

意外と見落としがちなのは、保険の期間です。

全額を一生涯保障できる終身保険としてもっていれば、それは一番良いのですが、それですとやはり保険料も比例して大きくなります。
学資保険のように、必要な期間に応じての必要保障額を考えて行くという作業も必要です。

その保険は、「いつから」「いつまで」必要なのか、 それを考えて保障額を設定していく作業をおろそかにしてはいけません。

「保険」とはいざというとき、困った時に助けになるものです。
まだその危機が訪れる前に考えるのが保険なので、あまり実感がわかないでしょう。
でも、もしものときはいつ訪れるのかわからないのです。
そのためにご自身の本当に役に立つ保険を無駄なく、逆に不足なく準備しておくというのが大切です。

今ではいろんな会社からいろんな商品が発売されています。
一体どれをどのように選んでいいものかは、なかなかわかりにくくなっているのが現状です。

  • 複数の保険会社の保険商品を扱え、
  • ひとりひとり異なる必要な保障をわり出してくれて、
  • それにぴったりマッチする保険を設計できて、
  • これらについて無料で相談にのってくれる、
ファイナンシャルプランナーを利用すれば、保険についてのあらゆる悩みは一掃されます。

このページの先頭へ