うまく貯金をしよう

最近では20代の女性は自立している方が多いかと思います。

よく「独身女性は貯め込んでいる」なんて聞きますが、自分自身でこつこつと貯金ができるのもこの時期かと思います。

エステや美容院、お付き合いの飲み会など色々と入用なことはありますよね。 稼いでも稼いでもお金はあっても足りないと思う頃でしょう。

しかし、結婚して出産して…そういうことを考えると、こうして自分で収入のあるうちに賢く貯金できるのもこの時期なのです。

保険も、終身保険のよう、貯蓄性のあるものを選ぶことをおすすめします。

万が一あったら…

もし貴方に万が一のことがあった場合、経済的に困る方はいますか?

もしいれば、その方が困らないだけの死亡保障を用意しておく必要があります。

しかし、一般的には、そうではないケースのほうが圧倒的に多いでしょう。

すなわち、もし万が一あっても、経済的に困るという人はいないという方がほとんどだと思います。

その場合、死亡保障は最低限、葬式代やお墓代として300万円から500万円を準備しておけば大丈夫です。

これらを、死後の整理資金と言いますが、これは20代だけでなく、いつ万が一あっても必要な資金ですから、終身保険で用意します。

病気のリスク

病気のリスクは年齢関係なく一生付きまとうものです。

もし備えがなければ、病気で入院・手術といったときに、けっこうな金額を負担するケースも少なくありませんし、その場合、自分に貯えがなければ、親に負担をかけてしまうことにもなります。

また、男性にはない女性特有のリスクとして、出産や女性疾病が考えられます。

女性疾病は比較的にもう少し後に現実的になるものだとは思います。 (もちろん準備できるならばそれに越したことはありません。)

まずは20代の女性にとって、これからライフサイクルの中でも大きなイベントである出産。

あまり知られていないことなのですが、出産に関しても給付金の適用となる場合があります。 それは帝王切開です。

しかし、1度帝王切開となってしまうと、その後自然分娩ではなく帝王切開にて第二子・第三子と取りあげて行くのが通常です。

そのため第一子が帝王切開となった後に、保険に加入しても第二子以降は帝王切開の場合の給付金は支払いの適応外になってしまいます。

つまりは、第一子の出産に備えて先にこの種類の保険に加入しておくのが賢いかと思います。

これらを考えて、医療保険への加入をおすすめします。 入院日額は最低5000円、できれば1万円あればOKでしょう。

具体的にどうするか

前述のように、一般的には、終身保険300~500万円と医療保険の組み合わせがベストです。

具体的に、加入・見直し手続きを考える場合、一番安く・効率的で・貴方に合った保険を選べる方法は、ファイナンシャルプランナー(FP)を利用することです。

FPというと耳慣れないかもしれませんが、もうすでに多くの人が保険の加入や見直しに活用し、利用者数もどんどん増えています。

それは、今までのような保険のセールスへの相談に比べて、以下のような圧倒的に大きなメリットがあるからです。

  • 複数社の保険を扱える(保険のセールスは所属保険会社の保険しか扱えない)ので、数ある中から貴方に一番有利な保険を選ぶことができる
  • 保険のセールスよりも専門知識のレベルが高い
  • 相談が前提なので、売り込まれたり、精神的圧迫を感じなくてすむ
  • 希望すれば、加入手続きからアフターフォローまでやってくれる(もちろん無料)
  • 相談無料

このページの先頭へ