成人としての最低限の保障

20代の男性にとって最も心配されるリスクは、なんらかの事故や病気によって長期間にわたって働けなくなるということでしょう。

もちろん、その意味は自分自身の生活や将来のリスクもありますし、また自立し始めたはずなのに再度家族や両親に頼った生活に陥ってしまうということもあります。

余裕のある家庭ならば何の打撃もないのですが、通常の場合、ご両親も定年近くなって収入が落ちてしまっていたり、両親自身の老後の計画にも大きな影響を及ぼすことになるでしょう。

自分の息子が、不運にもそのような状態になり、さらに金銭的にも苦労をかける…年老いた両親にとってはかなりの負担になることでしょう。

そのためにまずは成人として最低限の保障を持っておくのが責任ともいえます。

終身はいいけれど…

一般に一生涯を保障する終身保険は、年齢の若いうちに加入したほうがいいとされています。

結局は同じような払込金額を一生に払うならば、年齢が若い保険料が低いうちに加入して少しずつ負担少なく払い、かつ保障をも持てるといった点では間違った考え方ではありません。

そのため「終身はいい保険」などと勧められたりすることもありますが、期間限定の定期保険に比べてみたら、確かに保険料は高いです。

すべての保障を終身保険で持つことができれば、安心かもしれませんが、保険料との兼ね合いを考慮する必要はあります。

保険料を最後まで払いきることができず、途中で解約などということになれば、損することになりかねないからです。

一般的には・・・

以上のことを踏まえて、どのような保険を選択すればよいかについてお話しします。

まず、万が一あった時に、葬儀費用等最低限用意しておきたい保障を、終身保険でまかないます。

保障額としては、300~500万円程度が目安です。

これは、このまま独身でいようが、結婚しようが、必ず必要となってくる保障ですから、今のうちに確保しておくことが賢明です。

また、終身保険は貯蓄性があるので、長くかけ続ければ、払ったお金以上に、お金が貯まりますから、老後の生活資金の一部として使うこともできます。

死亡保障が準備出来たら、次は、入院保障です。

医療保険で、入院や手術のリスクに備えます。

できれば、入院日額1万円欲しいところですが、予算的に厳しければ、とりあえず5000円でもOKでしょう

具体的にどうするか

実際に、見直しをする場合は、保険会社ではなく、ファイナンシャルプランナー(FP)に頼みましょう。

理由はいくつかあります

  • 保険会社に頼むと、その保険会社の商品ラインナップの中からしか選ぶことができず、自分にとって有利な商品を選ぶことができない
  • 例えば、終身保険ひとつとっても、その種類は、保険会社によって異なり、複数社の取扱いができるFPに頼んだ方が有利な保険を選べる
  • そもそも、昔と違い、保険会社によって、保険料も大きく違う時代なので、一社に頼むこと自体がナンセンス
  • 今回FPに頼んで信頼関係ができてしまえば、今後、保険についてはずっとそのFPに面倒を見てもらえる
  • FPは、保険会社の担当とは比較にならないレベルの専門知識を持っており、こちらがわかるまで徹底的に教えてくれる
  • FPへの相談は無料
これ以外にもメリットはたくさんあるため、最近では、「FPにおまかせ」という人がどんどん増えているわけです。

このページの先頭へ