終身保障を考える

女性で30代という年代は、結婚する人も多いかと思います。

もちろんご自身で働けるうちには、20代と同じように貯蓄性のある保険で賢くお金を貯めるのも良い手段です。

そして、少し意識し始めて頂きたいのは、徐々に女性疾病などについての発生率も高くなる年代というところです。

そのため、この時期にはそろそろ終身保険(死亡保障・医療保障ともに)を考えた方が良いかと思います。

特に医療保険に関しては、この先の更新などがあり保険料があがるものより一生涯保障の保険料が上がらないタイプにしておくと安心ですね。 もし、途中で病気をしてしまうと更新型の場合は次に続けられる保険の選択肢が狭まります。

出来れば妊娠出産という一大イベントの前に、それでなくとも30代の内には一度しっかりと考えておくべきことです。

母として必要な保障を考える

一般に大黒柱が父親だという家庭は多いことでしょう。 ですので、父親に対しての保障は高く備えているケースがほとんどです。 しかしながら、見落としがちな母親であるあなたの保険。 これってかなり重要なのです。

実は万が一のことがあって、母子家庭となった場合には公的な支援がいくつか用意されています。 これはなんとなく聞いたことがあるかと思います。

しかし、逆に父子家庭となった場合…公的な援助はないのが現状なのです。 ご存じでしたか?

この現実は意外と知られていませんが、万が一に父と子供だけ残された場合、幼い子供を抱えて仕事や家事を旦 那さんだけで賄えると思いますか? 想像するだけでもかなり大変なことだとわかるはずです。

保険で準備できるのはお金の問題だけではありますが、お金があれば家政婦なども雇うことが出来ますし、託児 所に預けることもできます。 また、気持ちの上でもかなりの助けにはなると思います。

具体的にどうするか

前述をまとめますと、

  • 医療保険(終身タイプ)への加入を検討する
  • 終身保険への加入を検討する

ということになりますが、実際に検討すべきポイントや、やるべき作業として、 どの保険会社の保険が、貴方にとってもっとも条件が良いか? といった、保険商品を探すことが、まず挙げられます。

それと同時に、 いくらの保障額の保険に入ればよいか? という自分が必要としている保障の大きさを把握することも不可欠です。

本当は1000万円の保障しか必要ないのに、2000万円の保険に入れば、その分だけ毎月支払う保険料が無駄になってしまいます。 実は、保険で損している人の大半は、不必要な保障に対して保険料を払っているのが原因なのです。

ただ、実際には、自分に必要な保障額は、貴方の家計・経済状況・家族構成・将来の計画等に大きく影響されますので、 貴方ひとりで考えるのは、まず無理と言っても良いでしょう。

こういった事情もあり、最近では、ファイナンシャルプランナーの無料保険相談を利用する人が急増しているわけです。

無料で保険の相談に乗ってもらえますし、希望すれば、保険加入の手続きからアフターフォローまで無料でやってもらえますから、保険の見直しを考えている人にとっては、強い味方です。

このページの先頭へ