医療保険の見直しチェックポイント

もらえる期間や金額は希望に沿っているか

実は自分が加入している保険の内容って、知らない人が多いのです。
特に認識度が低いのが、この医療保険。
「入ってる」という方は多いのですが、「では手術給付金はいくらですか?」と尋ねると、ほとんどの方がはっきりとは覚えていないのではないでしょうか。

一口に「医療保険」といっても、色んな種類があります。
入院した際に1日に給付される金額もそれぞれです。
5000円に設定している方もいれば、20000円にしている方もいます。
では、あなたの保険はなぜその金額に設定したのでしょう?
その保障額で足りますか?または多すぎではないでしょうか?

また、期間にも気を配っておいた方がいいかと思います。
なぜなら、病気というのは一生つきまとうリスクですよね。
それなのに保障が60歳までや80歳まで。なんて保険も存在したります。
全部でなくても一部分がどんどん削ぎ落されていって、保障が少なくなっていくなんて保険もあります。
60歳、70歳、80歳…年齢を重ねていくにつれて、病気になる可能性は高くなると思います。
つまり、医療保険がいよいよ役に立つ可能性も高くなってくるわけです。
しかし、もしあなたの保険が先程申し上げたようなものだったら…?
そういうところをしっかり納得して加入していますか?

保険料が上がることがないか

医療保険には一生保険料があがらないタイプと、徐々に上がっていくタイプがあります。
基本的に定年を迎えたら、収入は下がりますよね。
また、保険加入後にお子さんが成長したり、住宅を購入したりと何かと入用な時期もあるかと思います。
前項でもお話しましたが、医療保険は一生加入しているべき保険です。
しかし、加入当初は1万円くらいだったものが、更新を重ねるにつれぐんぐん上がっていっため、とうとう支払えなくなって解約してしまった。なんて話も少なくありません。
しかしながら、「こんなに上がるの?!」といった驚きの声が多いのが問題なのです。

人気急上昇中、使わなかったら保険料が戻ってくるあんしん生命の医療保険メディカルキットRはこちら

先進医療給付金がついているか

最近は医療が発達しています。
先進医療によって、これまで難しいとされていた病気でも治療ができるようになりました。
しかし、まだまだ先進医療の中には健康保険の対象外となる治療もあります。
「この治療を受ければ助かるのに、お金がなくて受けられない」こんなこと、諦められますか?
ここ数年の医療保険には、オプションとしてつけられるものの方が多いです。
しかし少し前に入ったものや、オプションとして選んでいない場合等、保障されていないこともあります。
実際には高額医療費制度でそんなに負担はなくなる可能性もありますが、様々なリスクを鑑みて、この先進医療の保障は現代の保険にはあるべきものと言っても過言ではありません。。

「入っているから大丈夫」なんて思っていませんか?

「入っている」だけではいざというときになって、大きな失敗をしてしまうなんてこともあります。
入っていたはずなのに、保障が必要になった場合になってから、「こんなはずじゃなかった」…なんてことはよくあるのです。 せっかく加入して保険料を支払うのならば、ちゃんと困った時に助けてくれるような保険に入っておいた方がいいと思いませんか?

ファイナンシャルプランナーの無料保険相談を利用しましょう

自分ですべてを見直すには、時間も労力も必要です。

また、その見直しが正しいかどうかの判断も困難ですよね。

「忙しくて調べている暇なんてないよ」「信頼できる人にまかせたい」という方に、ファイナンシャルプランナーの無料保険相談はぴったりです。

医療保険だけでなく、今加入しているすべての保険について、 必要な保障が確保されているか、保障のダブりはないか、 保険料の無駄はないかなどを、無料でチェックしてくれまず

人によっては、トータル100万円単位の節約になる人も少なくありません。

保険は、こういった機会でもない限り、なかなか見直したりしないものです。
絶好の機会として、ぜひ、加入保険の健康診断をしてもらいましょう。

ファイナンシャルプランナーについては、こちらのページで、わかりやすくご紹介しています。

このページの先頭へ