子供ができて必要となる保障とは

子供ができて必要となってくるのは、

  1. 大学(高校)を卒業するまでの学費と養育費
  2. 子供が入院・手術した場合の医療保障

特に①は、絶対必要です。

幼稚園から大学卒業までにかかる学費は、
  • 全て国公立の場合、約1100万円
  • 全て私立の場合、約2000万円
を目安に考えると良いでしょう。

これに、養育費(食費・衣服費等)の約1600万円を合わせた金額が必要となります。

親に万が一あった場合に備えて、配偶者の生活資金以外に、 これらの金額を死亡保障として準備しておく必要があります。

子ども(学資)保険の考え方

子ども(学資)保険の目的は、学費の積み立てです。

しかし、最高でも500万円が加入限度ですから、 子ども(学資)保険だけで、学費の積み立てをまかなえるものではありません。

子ども(学資)保険は、2種類に分かれます。

①貯蓄型
子供の医療保障や、親に万が一あった場合の育英年金等の保障はないかわりに、貯蓄性が高い

②保障型
満期金が、支払った保険料総額よりも下回る(元本割れ)するものの、子供の医療保障や育英年金等の保障が手厚い (契約・特約内容によって異なります)

また、ほかの金融商品と違い、好きなときにお金をおろせるわけではないので、資金の流動性は低いこと、 貯蓄型であっても、ほかの金融商品と比べて必ずしも利回りが高いとは限らないことには、 注意が必要です。

戻り率・貯蓄性の高さで一番人気!フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」はこちら↓

フコク生命みらいのつばさ

子ども(学資)保険見直しのポイント

  • 親に万が一あっても、お金の心配なく進学できるように、学費・養育費の分を、親の死亡保障として確保しておくこと
  • 子供の医療保障
  • 貯蓄型の子ども(学資)保険か、積み立て金融商品
  • ということになります。

    これに対して、 今加入している保険がどのようになっているのかを把握することが、見直しをする最初のステップとなります。

    1. 親に万が一あった場合の配偶者の生活資金の金額、葬儀費用等を計算
    2. 子供の学費・養育費
    3. 遺族年金で受け取れる金額を計算
    4. 預貯金額の確認
    5. (1+2)-(3+4)で、必要な保障額を計算
    6. 現在加入している保険と比較
    7. 子供の医療保険選び
    8. 学資の積み立て方法の見直し

    簡単!賢い保険見直し法

    実際問題、自分ひとりで、必要な保障額を算出するのは大変な作業です。 遺族年金をいくら受け取れるかなど、知っている人のほうが少ないはずです。

    また、今加入している保険と必要な保障との間にズレがあったとしても、 どのようにすれば、もっとも有利にそのズレを修正することができるか分からないかもしれませんね。

    そのようなときに、一番頼りになるのが、ファイナンシャルプランナー(FP)です。

    ファイナンシャルプランナーに頼めば、 さきほど書いた見直しの8つのステップを、無料でやってくれます。

    ファイナンシャルプランナーというと、何となく敷居が高いと感じる方もまだおられるかもしれませんが、実際は真逆で、 保険について疎いとか、素人だという人が、
    「初めて保険がわかった」
    「今までもやもやしていたことがなくなり、完全にスッキリした」
    「目からうろこだった」
    と、口をそろえておっしゃっています。

    保険は、知らないで加入していると大損することも少なくないものですから、 もし、自信がないと思っておられるのであれば、 間違いなく、ファイナンシャルプランナーの活用をお考えになったほうが良いです。

    総合的に見直してもらうことで、学資保険の保険料が浮いたという人も少なくありません。

    ファイナンシャルプランナーについては、こちらのページで、わかりやすくご紹介しています。。

    このページの先頭へ