「よくわかる生命保険」へようこそ

保険は難しくない

「そんなこと言ったって、難しいものは難しい」と怒られそうですが、
実は、それほど難しいものではありません。
ところが、残念なことに、ほとんどの方が、保険について学ぶ機会に恵まれていないところに、
いきなり保険の営業から、保険をすすめられるので、
何を言っているのか良く理解できず、結局、「保険は難しい」
ということになってしまっているようです。

保険が難しいと思う訳

貴方が保険に入るのは、なぜでしょうか?
もちろん、保険の営業から強く勧められたからという理由もあるでしょうが、
誰もが思うのは、「保険が必要だと思ったから」のはずです。

何かものを買うときに、理由もなくお金を払って、ものを買うということは、あり得ません。
保険だってそうです


問題は、ものを買う時は、どのようなものが必要なのか、自分にとっての必要性を感じて買うのに、保険に入るときは、その点が不明瞭だということです。

会社に履いていく靴を買う時には、
「会社に履いていくのだから、あまり派手すぎないものが良い」
「スーツを着るときに履くのだから、スーツの色に合ったものが良い」
「自分の足のサイズ23cmのものが良い」
というように、自分にどのような靴が必要なのかを、はっきり思い描いてから、
靴を探すはずです。

なのに、保険を検討する際は、
自分に、どのような保障が、いつまで、いくら必要なのかなど一切考えもせず、
いきなり、終身保険がどうだ、医療保険がどうだということを考えるから、
どのように選べばよいかもわからず、保険は難しいと思ってしまうわけです。

保険の知識

保険は難しいと思うもう一つのケースは、保険についての最低限の知識もない場合です。
さすがに、終身保険・定期保険・養老保険の違いがわからないとなると、
保険の営業の話やパンフレットの内容を理解するのは、けっこう難しいと思います。

わかりやすく解説します

保険と聞いただけで頭が痛くなるという方もおられるとは思いますが、
そういった方でもご理解いただけるように、できるだけわかりやすく
解説していきたいと思います。
また、全部を理解しようと思わないで、
このサイトをお気に入りに入れておいていただいて、
分からなくなった時に、辞書のように調べるといった使い方をしてください。
お役にたてることを、心から祈っております。